ソーシャルキャスト ヘルプセンター

一歩踏み込んだご利用方法、サポートに多く寄せられる質問などをまとめております。

J-Stream EQ Live利用時の視聴履歴取得

 

この方法はデフォルトのテンプレートを利用している場合に限った説明になります。
テンプレートの編集が難しい場合、サポートへお問い合わせ下さい。ご要望を伺い作業を承ることも可能です(有償作業となります)。

 

J-Stream EQ Liveは動画の配信とは異なり、ソーシャルキャスト標準の状態では連携が出来ません。
その為、以下の手順で設定を行うようにして下さい。
また、視聴履歴では、「視聴日時」と「視聴完了日時」を記録出来るようになっておりますが、
ライブでは、「視聴完了日時」を記録出来ません。その為、「総視聴時間」や「最終視聴箇所」も
正確には取得が出来ませんので予めご了承ください。

 

EQライブの共通タグの取得について


EQの管理画面のライブ管理>ライブの配信設定と開催から作成して頂いた、ライブの共通タグから「scriptタグ」を取得して下さい。
チャットも併用される場合は、「チャットのみ」から同じくタグを取得して下さい。

 

ソーシャルキャストのメディアに登録


ソーシャルキャストに埋め込みコードのメディアとして取得した「scriptタグ」を登録して下さい。
スマートフォン向けには登録は不要です。
「iframeタグ」では連携は出来ませんのでご注意ください。
登録したメディアを使い、コンテンツの登録を行って下さい。

 

埋め込みコードメディアプレイヤーのテンプレート編集


デザイン管理>テンプレートから

  • PC版::埋め込みコードメディア/プレイヤー
  • スマートフォン版::埋め込みコードメディア/プレイヤー

この2つのテンプレートを以下の内容に書き換えを行って下さい。

{% if content.media.profiles.code matches '/jstream_t3\.PlayerFactoryLiveOBJ\.create/' %}
    {{content.media.profiles.code|replace({'jstream_t3.PlayerFactoryLiveOBJ.create':'var player = jstream_t3.PlayerFactoryLiveOBJ.create'})|raw}}
<script>
var playingContentId = {{content.id}};
var recorder  = Socialcast.createWatchHistoryRecorder(playingContentId, 60);

player.accessor.addEventListener('landing', function(){
    player.accessor.addEventListener('playing', function(){
        recorder.start();
    });

    player.accessor.addEventListener('paused', function(){
        recorder.stop();
    });

    player.accessor.addEventListener('complete', function(){
        recorder.complete();
        recorder.timeupdate(0);
        recorder.stop(true);
    });

    player.accessor.addEventListener('progress', function(){
        recorder.timeupdate(player.accessor.getCurrentTime());
    });
});
</script>
{% else %}
    {{content.media.profiles.code|raw}}
{% endif %}

以上でライブが配信されているときにコンテンツのページを表示すると、視聴履歴に記録がされるようになります。

 

チャットの表示


チャットも併用される場合は、取得したチャットのタグを、ライブのコンテンツの「説明文」に登録を行って下さい。
「説明文」に登録を行う際には、「ソース」のボタンをクリックして頂き、HTMLが登録出来る状態で行って下さい。

以上がライブと視聴履歴の連携方法とチャットの表示方法になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています