get_freearea

フォローする

この関数について

管理画面で登録したフリーエリアを取得し、画面上に表示するための関数です。


詳細仕様

function get_freearea($name)

引数

第1引数 $name フリーエリアの「識別名」


戻り値

管理画面で入力した、フリーエリアのHTML

使用例

example という識別名のフリーエリアを表示する

{{ get_freearea('example')|raw }}

対応バージョン

4.0.0 以降

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています