get_courses_pager

フォローする

この関数について

引数に指定された条件により見放題コースのページャを取得する関数です。
主に見放題コースの一覧を表示するときに利用します。

詳細仕様

function get_courses_pager($condition, int $page = 1, int $size = 12)

引数

第1引数 $condition 検索条件を表すオブジェクト。

第2引数

$page 表示するページ数を表す整数値
第3引数 $size 1ページに表示する(1度に取得する)見放題コースの件数を表す整数値

 第1引数$conditionについて

$conditionには下記のプロパティを設定可能です。具体的な設定方法は「使用例」をご確認ください

プロパティ名  意味  型  説明
order 並び順 文字列

d: 降順

a: 昇順

戻り値

検索条件に一致する見放題コースの一覧を表すページャー
ページャについて 

使用例

見放題コースを1ページにつき30件取得する

{% set paginator = get_courses_pager([], input_get('page', 1), 30) %}

並び順を降順で表示する

{% set paginator = get_courses_pager({order: 'd'}, input_get('page', 1), 10) %}

対応バージョン

4.0.0 以降

関連情報

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています