get_announces_pager

フォローする

この関数について

管理画面で登録したお知らせの一覧をページャとして取得します。


詳細仕様

function get_announces_pager(array $condition, int $page = 1, int $size = 12)

引数 

第1引数 $condition 検索条件を表すオブジェクト。

第2引数

$page 表示するページ数を表す整数値
第3引数 $size 1ページに表示する(1度に取得する)お知らせの件数を表す整数値

第一引数$conditionについて

$conditionには下記のプロパティを設定可能です。具体的な設定方法は「使用例」をご確認ください

プロパティ名  意味  型  説明
search   検索条件 オブジェクト  
  limit_type   配列 0: 誰にでも公開
1: 会員のみに公開
2: 月額見放題会員のみに公開
order   並び順 文字列 d:(表示開始日)降順
a:(表示開始日)昇順

戻り値

検索条件に一致するお知らせを含むページャのオブジェクト
ページャについて

使用例

会員限定のお知らせを15件表示する

{{% set paginator = get_announces_pager({search: {limit_type: [1]}}, input_get('page', 1), 15) %}}}

会員限定または誰でも公開のお知らせを表示開始日が古い順に5件表示する

{{% set paginator = get_announces_pager({search: {limit_type: [0,1], order: 'a'}}, input_get('page', 1), 15) %}}}

対応バージョン

4.0.0 以降

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています